結婚生活とセレモニーについて考える

結婚や葬儀など独身生活でも必要な冠婚葬祭のセレモニーをサポート

6家族葬を行う利点と注意したい点について

冠婚葬祭のセレモニーも変わってきました

かつては葬儀は寺院や葬儀場などで大掛かりに行い、大勢の参列者に対応するのが一般的でした。
しかし、大掛かりな葬儀は高額の費用がかかるため、遺族の生活を圧迫するケースもありました。
また、生活スタイルの変化から葬儀に参列するための時間を取ることが出来ない場合もあります。
そのため、葬儀に参列する人の数も減少する傾向にあります。
これらの事情を背景に、近年では少人数で行う家族葬の需要が増えています。

家族葬儀は通常の葬儀と流れは同じ

家族葬は故人の親族や親しい友人だけで行う葬儀で、通常の葬儀よりも規模が小さいのが特徴です。
そのため、葬儀にかかる費用が少ないのが利点です。
また、規模の小ささから故人の自宅で行う事も可能なため、遺族は会場の使用許可や準備にかかる時間や移動の手間を省くことができます。
葬儀の規模は小さくても内容は通常の葬儀と変わらないため、故人との最後の別れには支障はありません。

都心の生活スタイルにあった小規模葬儀

家族葬は多忙な現代人の生活スタイルに合致しているため、現在では多くの葬儀会社で取り扱っています。
家族葬は費用や準備の面で利点がある一方で、故人と付き合いのある人や遠縁の人への連絡を事前に行う必要があります。
葬儀の規模が小さいため、予め内容を伝えて参列を丁寧に断るのが社会的な礼儀です。
また、葬儀の後に改めて挨拶に伺うことも遺族の大切な役目です。
葬儀の内容については故人が存命の内によく話し合って決めておくことがトラブルを回避する秘訣です。
特に費用については高額になる傾向があるため、情報を集めて慎重に判断する事が大切です。
葬儀は故人との別れの儀式であるため、あくまで故人の意思を尊重しながら、後悔の無い葬儀にするのが遺族の最期の努めであるといえます。

2013年07月24日

結婚生活とセレモニーについて考える新着記事一覧

結婚相談所のシステムについて
晩婚化に伴い、結婚相談所が人気になっています 結婚相

看護師求人がいつまでも多いわけ
看護師は時間外労働が続く過酷な職場が多い 看護師求人

日本における薬剤師の就職状況について
医療現場での薬剤師の位置づけ 薬剤師は薬のプロとして

お通夜と葬儀の意味と形(仏式)
仏式でのお葬式の進め方 仏式の葬祭は亡くなってから僧

ピックアップWEB