結婚生活とセレモニーについて考える

結婚や葬儀など独身生活でも必要な冠婚葬祭のセレモニーをサポート

10日本における薬剤師の就職状況について

医療現場での薬剤師の位置づけ

薬剤師は薬のプロとして日本の医療現場ではなくてはならない存在です。
資格を取るためには大学の薬学部で勉強した上で、国家試験に合格しなけければなりません。現在薬学部のある大学は全国に散らばっており、また新設の薬学部をつくる大学もまだあることから供給過多が問題視されています。

薬剤師の働き方について

さて薬剤師の働き場所は大きく分けると3つになります。
病院に勤務すること、薬局に勤務すること、薬品メーカーに就職することの3つです。
病院に勤務する場合は、基本的に医師の指示のもとでの勤務となります。
医師の処方箋に従って薬を調剤したり、特定の患者の治療を行うチームに参加したりすることもあります。
現在の薬は非常に高度な知識を求められるため、アメリカでは特別の資格を持った薬剤師が薬の調合等を行い、医師の負担を大きく減らしているようです。
日本においてもそのような形の制度が何れは導入される可能性が高いです。

ドラッグストアや薬品会社での働き方

次に薬局に勤務する場合は、医師の処方箋を持参した顧客に対し薬を調合したり、市販薬の販売を行ったりします。
現在は薬局も長時間の営業を行うことが多く、薬剤師といえども一般の従業員と同じように長時間の労働が義務とされたりするため、労働環境はあまり良い職場とは言えません。
俗に言われるブラック企業のような薬局チェーンも存在します。
ただ薬剤師の転職サイトも数多く、就職環境が整っているため、比較的転職がしやすく、ブラックと思ったらすぐ転職する方が多いようです。

薬品会社の製薬開発部門で活躍する方も

最後が薬品会社に勤務する場合です。
現在は新薬開発の競争も激しく、世界中でしのぎを削っている状況です。
このような状況の中では、薬局への勤務と同様にかなり厳しい労働条件が待っています。
場合によっては医師に薬を売り込むこともあり、資格があってもあまり役に立たないこともあるほどです。
このようにかなり難しい資格ですが、厳しい社会では非常に役に立つ資格と言えます。

2013年07月24日

結婚生活とセレモニーについて考える新着記事一覧

結婚相談所のシステムについて
晩婚化に伴い、結婚相談所が人気になっています 結婚相

看護師求人がいつまでも多いわけ
看護師は時間外労働が続く過酷な職場が多い 看護師求人

日本における薬剤師の就職状況について
医療現場での薬剤師の位置づけ 薬剤師は薬のプロとして

お通夜と葬儀の意味と形(仏式)
仏式でのお葬式の進め方 仏式の葬祭は亡くなってから僧